for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、FTSE100種一時7400回復

ロンドン株式市場は、クリスマス前の短縮取引で薄商いとなるなか、ほぼ横ばいで取引を終えた。写真は2008年10月、ロンドンで撮影(2021年 ロイター/Toby Melville)

[24日 ロイター] - ロンドン株式市場は、クリスマス前の短縮取引で薄商いとなるなか、ほぼ横ばいで取引を終えた。

週間では上昇した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による影響を、世界経済は消化できるとの期待が高まったことが背景にある。

IGグループの首席市場アナリスト、クリス・ボーチャンプ氏は、FTSE100種が今日の取引で一時7400の水準を回復したことは来年に向けて良い兆候と指摘。「オミクロン株への懸念が抑制され、企業決算が今年のように回復を続ければ、コロナ前の高値回復に向けた上昇相場も可能」と述べた。

中位株で構成するFTSE250種指数もほぼ横ばい。旅行・レジャー関連株が今月堅調となるなか、週間では8月以来の大幅な上昇となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up