for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロスの学校に脅迫、1000校以上が休校 当局はいたずらとの見方

12月15日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで学校に対する複数の脅迫があり、学区全体の1200校以上が閉鎖された。当局が調査を行なう間、小学校から高校までの64万3000人の生徒は自宅待機を求められた。写真は同日、ロサンゼルスの高校の校舎前で(2015年 ロイター/Jonathan Alcorn)

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 米カリフォルニア州のロサンゼルスで15日、学区内の複数の学校を対象にした脅迫があり、1000校以上の公立学校ついて休校措置がとられた。64万人以上の生徒が自宅待機となったが、米連邦当局は捜査の結果、脅迫はいたずらだった可能性が高いとの見方を示している。

脅迫は電子メールで送られた。当局によると、ドイツを経由しているが、発信元は米国の可能性がある。メールにはライフルやピストルへの言及があったほか、爆発物の使用もほのめかされていた、という。

ロサンゼルス学区のラモス・コルティネス教育長は記者会見で、休校措置について「過去の事件を踏まえると、リスクをとることはできなかった」と強調したが、「過剰反応」との批判の声も上がっている。

カリフォルニア州では約2週間前、過激派組織「イスラム国」の影響を受けた容疑者2人が銃乱射により14人を殺害する事件が起きている。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up