for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ政府、米新興EVルーシッドから10年で最大10万台購入へ

4月26日、米新興電気自動車(EV)メーカーのルーシッド・グループは、サウジアラビア政府と今後10年間で最大10万台を納入する契約で合意したと発表した。写真はルーシッドのEV。アリゾナ州スコッツデールのショッピングセンターで2021年9月撮影(2022年 ロイター/Hyunjoo Jin)

[26日 ロイター] - 米新興電気自動車(EV)メーカーのルーシッド・グループは26日、サウジアラビア政府と今後10年間で最大10万台を納入する契約で合意したと発表した。

サウジ政府は5万台を購入し、10年の間に追加で5万台を購入するオプションがある。

発表を受け、ルーシッドの株価は時間外取引で5.4%上昇した。

サウジの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」は、ルーシッドの株式の約61%を保有している。

ルーシッドは現在アリゾナ州の工場で生産を行っているが、今年サウジの工場で初めての海外生産に乗り出す。サウジ工場では最終的に年間15万台の生産を目指す。

納車は2023年までに始まり、発注は年間1000─2000台から始まり、25年には4000─7000台となる予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up