December 3, 2018 / 9:52 AM / 11 days ago

中国の陸金所、13億ドル調達 SBIなど出資=関係筋

[香港 3日 ロイター] - 中国平安保険が2011年に設立したフィンテック企業「陸金所(Lufax)」は、最新の資金調達ラウンドで12社から13億3000万ドルを調達した。

関係筋がロイターに明かにした。

企業評価額は資金調達完了前の時点で380億ドル。同社は先に、香港での新規株式公開(IPO)を延期。6月に今回の資金調達を開始した際には、企業評価額400億ドルを目標としていた。

今回の資金調達ラウンドには、中国のプライベートエクイティ(PE)会社プリマベーラ・キャピタルのほか、カタール投資庁、香港のオールスターズ・インベストメント、日本のSBIホールディングスが参加。

ゴールドマン・サックスのPE部門や、JPモルガン、マッコーリー・グループ、UBS、UOBといった金融機関や、香港の投資会社ライオンロック・キャピタル、英ベンチャーキャピタルファンドのヘドソフィア、ロシア市場を中心に投資しているエルミタージュ・キャピタルも参加した。

参加企業が増えれば、調達額が変わる可能性もあるという。

陸金所、カタール投資庁、マッコーリー、UBS、SBIはコメントを控えている。他の投資家のコメントはとれていない。

陸金所の主力事業は消費者向け融資だが、関係筋によると、規制環境の変化を受け、IPOを延期。IPO計画をいつ再開するかは明らかになっていない。

関係筋によると、同社はIPOを実施する前に事業の軸足を消費者向け融資から他の分野に移すことを検討している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below