June 23, 2020 / 12:41 AM / 13 days ago

独財務相、ルフトハンザ筆頭株主と面会=救済策に理解求める

 6月22日、ドイツのショルツ財務相は、新型コロナウイルス危機により政府支援を要請している独航空大手ルフトハンザの筆頭株主で資産家のハインツ・ティーレ氏と面会し、90億ユーロ規模のルフトハンザ救済策に理解を求めた。6月2日、独フランクフルトで撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 22日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は22日、新型コロナウイルス危機により政府支援を要請している独航空大手ルフトハンザ(LHAG.DE)の筆頭株主で資産家のハインツ・ティーレ氏と面会し、90億ユーロ規模のルフトハンザ救済策に理解を求めた。

ティーレ氏はルフトハンザ株式の15.5%を保持し、25日の株主総会では救済策に反対する意向を示していた。ショルツ財務相は面会後、投資家らが救済策を支持することに自信があると表明した。

ショルツ氏は株主への提案がルフトハンザや欧州連合(EU)との交渉を「注意深く踏まえた」ものであり、「株主にも考慮されよう」と述べた。ティーレ氏との面会にはアルトマイヤー経済相も同席した。

ティーレ氏は、政府によるルフトハンザ株20%取得と取締役派遣の救済条件について、既存株主価値の希薄化につながると反対。独政府系金融機関KfWを通じた間接出資にとどめるよう主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below