for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ルフトハンザ、2万2000人の削減に相当する対策で合意目指す

 ドイツ航空大手ルフトハンザは6月15日、フルタイム従業員2万2000人分に相当するコスト削減に向け、6月22日までに従業員代表側との合意を目指していると明らかにした。6月2日、フランクフルト空港で撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツ航空大手ルフトハンザLHAG.DEは15日、フルタイム従業員2万2000人分に相当するコスト削減に向け、6月22日までに従業員代表側との合意を目指していると明らかにした。

余剰人員の一部については、時短労働や週の労働時間短縮を規定する労働協約、その他のコスト削減策で相殺できるとした。

同社は声明で、この措置によりフライト業務が影響を受けると説明。人員削減の内訳は、パイロット600人、乗務員2600人、地上勤務従業員1500人を含む5000人、および本社従業員1400人と、他のグループ企業の管理部門従業員らという。

グループ内では、保守部門子会社のルフトハンザ・テクニックが世界で4500人の余剰人員を抱えているほか、ケータリング子会社のLSGは世界で8300人が削減対象という。

ルフトハンザは、「われわれは危機の期間を通じて、可能なかぎり多くの従業員を残し、解雇を回避したい」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up