for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米リフト、通年調整後損益が初の黒字 四半期売上高も予想上回る

[8日 ロイター] - 米配車大手リフトが8日発表した2021年の調整後損益は初の黒字を達成した。第4・四半期に利用者やドライバー数が回復したことが追い風となった。

第4・四半期は、「アクティブユーザー」とされる利用者当たりの売上高が前期比13.5%増の平均約52ドルとなった。

第4・四半期売上高も前年同期比70%増の9億6990万ドルと、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の9億4010万ドルを上回った。

調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は7470万ドルで、予想の7559万ドルを小幅下回った。

21年のEBITDAは通年で初の黒字となる9290万ドルだった。

ネットベースでは、21年に10億ドルの赤字を計上したものの、赤字幅は20年の18億ドルから縮小した。21年の純損失には株式報酬などが含まれる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up