April 26, 2019 / 3:52 AM / 3 months ago

陸上=ファラー、ホテルでの盗難巡りゲブレシラシエ氏と論争

 4月24日、陸上、マラソンのモハメド・ファラー(写真)が、エチオピアのホテルでの盗難を巡り、事件のあったホテルを所有する長距離走の名選手だったハイレ・ゲブレシラシエ氏と論争を繰り広げている。ロンドンで24日撮影(2019年 ロイター)

[ロンドン 24日 ロイター] - 陸上、マラソンのモハメド・ファラー(英国)が、エチオピアのホテルでの盗難を巡り、事件のあったホテルを所有する長距離走の名選手だったハイレ・ゲブレシラシエ氏(エチオピア)と論争を繰り広げている。

ファラーによると、3月23日にトレーニングのために外出した時、金銭や携帯電話、妻から贈られた高価な時計などが部屋から盗まれた。その際、ホテルスタッフからのサポートが十分でなく、ゲブレシラシエ氏も問題に対処しなかったという。

ファラーは24日に報道陣に対し、ゲブレシラシエ氏に何度も電話し、テキストメッセージも繰り返し送信したが無視されたと述べた。ゲブレシラシエ氏に最後に送信した「盗まれたお金、そして特に時計を見つけ出す努力をしないことにがっかりしているということを伝えたい」というメッセージを公開して非難した。

一方、ゲブレシラシエ氏はファラーの盗難被害は証明されていないとコメント。ファラーは金庫の使用やホテルによる保管を断ったとし、半額にされた代金を払っていないと反論した。そして、「LetsRun.com」で掲載されたリリースで、ファラーの非難は名誉毀損(きそん)とし、法的措置を取る姿勢を見せた。

ファラーもこれを受けてさらに反論。広報担当者がBBCに対し、「警察は事件の報告書をまとめ、ホテルは責任を認めており、ファラーの法務顧問と連絡を取った」とコメント。ゲブレシラシエ氏とは内密にこの問題を解決しようと試みたが反応がなかったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below