January 31, 2019 / 2:51 AM / 18 days ago

アサヒHD子会社など2社、米破綻企業の買収提案=関係筋

 1月30日、アサヒホールディングス(HD)傘下の貴金属精錬大手と同業でインド資本のバルカンビが、11月に破産申請した米同業リパブリック・メタルズ(RMC)の資産の買収を個別に提案していることが関係筋2人の話で明らかになった。写真はスイスのバレルナにある金精錬所で2012年12月撮影(2019年 ロイター/Michael Buholzer)

[ロンドン 30日 ロイター] - アサヒホールディングス(HD)(5857.T)傘下の貴金属精錬大手と同業でインド資本のバルカンビが、11月に破産申請した米同業リパブリック・メタルズ(RMC)の資産の買収を個別に提案していることが関係筋2人の話で明らかになった。

両社は31日にニューヨークの破産裁判所で行われる入札に参加するという。入札の日程は裁判所の資料でも確認できた。関係筋によると、バルカンビとアサヒはともにRMCの全資産の買収を目指している。

インドの宝飾品企業ラジェシュ・エクスポーツ(REXP.NS)傘下のバルカンビとアサヒ、RMCからコメントは得られていない。

RMCは北米で最大の貴金属精錬会社の1つ。バルカンビはRMCの資産を取得することで米州への進出が可能になる。

アサヒはカナダ、米国、メキシコ、チリ、日本に精錬工場があり、RMCの資産が取得できれば米州での地位がさらに強固になる。同社は既に、米州で生産された金の精錬で最大のシェアを誇る。

ロイターは先に、バルカンビがRMC資産の暫定的な買い手候補として1600万ドルの買収価格を提示したと報じていた。アサヒは入札での最初の提示額でこれを約58万ドル上回らなければ裁判所に受け入れられないとみられる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below