for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本マクドナルド、野菜使った新商品 「スマイル0円」も復活

 5月21日、日本マクドナルドが野菜を使った新商品を発売すると発表、「スマイル0円」も復活する。写真は東京都内のマクドナルドショップ、1月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス 2702.Tは21日、消費者の声を受け、野菜を使った新商品を発売する。また、分かりやすいセット価格やメニュー表の導入などの改善を図るほか、メニュー表には「スマイル0円」も復活させる。

同社は、5月25日を「マックスマイルの日」と定め、新たな施策を導入する。サラ・カサノバ社長兼CEOは会見で「消費者の要望に応えた変化を実感してもらいたい。まだまだやるべきことはたくさんあるが、新しい1ページだと思っている」と述べた。

今回の施策は、消費者からの声を受けて改善に取り組んだもの。

メニュー面では、野菜を練りこんだチキンパティとベジタブルソースを使った「ベジタブルチキンバーガー」やバジルソースのサラダや低カロリーの玉ねぎなど、野菜を使ったメニューを充実させる。

「マクドナルドは高カロリー」というイメージは、家族連れや女性の足が遠退く一因になっていた。新商品の導入で、「ベジタブルチキンバーガー」にサラダとドリンクで計310キロカロリーという組み合わせも選べるという。また、子供向けメニューでも野菜を取り入れる。

価格が分かりにくいとの声が多かったセットメニューについては「単品価格+300円」で価格を統一。サイドメニューやドリンクの選択肢を増やすことで、1000通り以上の組み合わせも可能に。1円単位の価格を廃止し、10円単位としたが「加重平均で値上げにならないようにした」(幹部)という。

また、メニュー表を分かりやすくしたほか、レジの順番待ちをしている間にも検討できるように、コンパクトなメニューも導入する。こうしたメニューの導入は、世界中のマクドナルドで日本が初めてとなる。

かつて、マクドナルドのメニュー表に載っていた「スマイル0円」―――。カサノバ社長は「スマイル0円はマクドナルドの原点であり、象徴」と述べ、顧客と向き合った結果生まれた一連の施策の「約束の証として」復活を決めたと説明。

一方、4月の「リカバリープラン」など一連の施策による業績回復の自信を問われた同社長は「業績回復まで満足することはない」と述べるにとどめた。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up