Reuters logo
機械受注1月は前月比-3.2%、製造業弱く予測下回る
2017年3月13日 / 00:41 / 8ヶ月後

機械受注1月は前月比-3.2%、製造業弱く予測下回る

[東京 13日 ロイター] - 内閣府が13日に発表した1月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.2%減の8379億円となった。製造業の弱さが目立ち2カ月ぶりの減少。ロイターの事前予測調査では0.5%増と予想されていたが、これを下回った。前年比では8.2%減だった。

 3月13日、内閣府が発表した1月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.2%減の8379億円となった。都内で1月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

内閣府は、機械受注の判断を、「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に据え置いた。

なお、季節調整替えが行われたため、前月までの数値は改定された。

製造業からの受注は前月比10.8%減で4カ月ぶりの減少。非製造業は0.7%増と2カ月連続の増加と好調。  

機械受注は、トランプ米大統領の就任後、企業に先行き不安もみられたものの12月の受注額は前月比2.1%増と増加していた。1月は、製造業の減少、なかでも素材系からの受注の悪化が目立った。非鉄金属や化学工業で、前月までの増加の反動が出たもよう。加工型は、はん用・生産用機械を除き全般に増加した。

他方、非製造業では金融業・保険業に加え情報サービス業からのコンピュターの受注が増加したほか、不動産業からの受注も運搬機械などが好調だった。

1─3月の受注見通しは前期比1.5%増加となっており、実現すれば3四半期連続の増加となる。設備投資が順調に回復傾向をたどっていることを示唆するが、1月がマイナスとなったことで実現は微妙だ。達成には2・3月がそれぞれ前月比4.4%増となる必要がある。

機械受注統計は機械メーカーの受注した設備用機械について毎月の受注実績を調査したもの。設備投資の先行指標として注目されている。

*内容を追加します。

中川泉 編集:佐々木美和

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below