May 8, 2020 / 2:27 AM / 3 months ago

豪マッコーリー、通期利益8%減少 配当を半分に引き下げ

 5月8日、豪投資銀行大手マッコーリー・グループが発表した2019/20年度(19年4月─20年3月)決算は、前年比8%の減益となった。写真は2016年10月撮影(2020年 ロイター/David Gray)

[8日 ロイター] - 豪投資銀行大手マッコーリー・グループ(MQG.AX)が発表した2019/20年度(19年4月─20年3月)決算は、前年比8%の減益となった。同行は配当を半分に引き下げ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた厳しい市場環境により、20/21年度の見通しを示すのが困難になったと指摘した。

純利益は27億3000万豪ドル(17億8000万米ドル)。信用減損費用の増加が響き、過去最高を記録した前年同期の29億8000万豪ドルから減少。ロイターがまとめた市場予想(28億1000万豪ドル)を下回った。

期末配当は1株当たり1.80豪ドルで、前年の3.60豪ドルの半分となった。

コモディティー(商品)や資本市場など市場に関連した業務の利益は29%落ち込んだ。

同行は20/21年度上期について、投資関連収入の減少やコモディティーセクターでの消費活動の低迷を見込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below