April 2, 2018 / 3:31 AM / 7 months ago

仏大統領夫人に成りすまし詐欺メール、高級店の特等席など要求

 3月30日、フランス大統領府の偽の電子メールアドレスを使い、ブリジット・マクロン大統領夫人の名前を騙って、世界中の高級レストランの座席確保や娯楽イベント参加を企てた詐欺行為が明らかになり、夫人は成りすまし犯罪で告発した。写真は3月19日代表撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 30日 ロイター] - フランス大統領府の偽の電子メールアドレスを使い、ブリジット・マクロン大統領夫人の名前を騙って、世界中の高級レストランの座席確保や娯楽イベント参加を企てた詐欺行為が明らかになり、夫人は成りすまし犯罪で告発した。

ブリジット夫人の側近は「被害届が出され、捜査が行われている」と述べた。企ては失敗に終わっているという。

詐欺行為は、RTLラジオが最初に報道。大統領府の公式アドレスに良く似た「cabinet@presidence.fr」のアドレスで、五つ星レストランの特等席やオーストラリアのF1グランプリの観戦チケット確保などを求めるメールなどが送信されたと報じた。

また、メールは香港やモロッコなど遠方にも送信されており、夫人の名誉棄損を狙った可能性もあると伝えている 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below