May 25, 2018 / 12:33 AM / 5 months ago

仏大統領、米朝に朝鮮半島非核化への取り組み継続促す

[サンクトペテルブルク(ロシア) 24日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は24日、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことについて、米国と北朝鮮が朝鮮半島の非核化に向けた取り組みを継続することを望むと語った。

 5月24日、フランスのマクロン大統領は、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことについて、米国と北朝鮮が朝鮮半島の非核化に向けた取り組みを継続することを望むと語った。写真は会見する同大統領。ロシアのセントピーターズバーグで撮影(2018年 ロイター/Grigory Dukor)

マクロン氏は訪問先のロシア・サンクトペテルブルクで行われたプーチン大統領との共同記者会見で、トランプ氏の中止決定が「継続されるべきプロセスの一時的不調でしかない」ことを願っていると述べた。

プーチン大統領は、米朝首脳会談の中止は遺憾だと表明し、依然として会談が実現することを期待しているとした。

プーチン氏はまた、イラン核合意について、米国の離脱にもかかわらず欧州が存続に取り組んでいることを評価。存続できなければ、「嘆かわしい結果」につながると警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below