May 15, 2019 / 2:12 PM / 10 days ago

再送-UPDATE 2-米メーシーズ、2─4月利益・既存店売上高が予想超え 関税に懸念

(不要な文字を削除しました)

[15日 ロイター] - 米百貨店メーシーズの第1・四半期(5月4日まで)決算は、既存店売上高と利益が市場予想を上回った。インターネット通販やアウトレット店での販売が好調だった。

同社のジェネット最高経営責任者(CEO)は、米トランプ政権による対中関税措置がメーシーズの家具事業を圧迫しているとの認識を示したほか、「第4弾」の対中制裁関税が発動されれば、衣料品・装飾品事業が影響にさらされる可能性があるとの見通しを示した。

株価は序盤の取引で一時4%高となったが、その後小幅安に転じている。

既存店売上高は0.7%増で、市場予想の0.3%増を上回った。

特別項目を除く1株利益は0.44ドルと、予想の0.33ドルを上回った。前年同期は0.45ドルだった。

純売上高は55億ドルに減少し、市場予想と概ね一致した。

通期業績は従来予想を据え置いた。

ジェネットCEOは「店舗売り上げのトレンドが第1・四半期に継続的に改善した」と指摘。デジタル事業で2桁の成長が見られるほか、売上高を伸ばす手段としてモバイルが引き続き最も急拡大していると述べた。

また、通期業績見通しに米中関税合戦激化による影響は含まれていないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below