for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=首位レアル引き分け、久保欠場のソシエダード黒星

 サッカーのスペイン1部は30日、各地で試合を行い、首位レアル・マドリードはホームで下位のジローナと1─1で引き分けたが、首位をキープした。写真はレアルのルカ・モドリッチ(2022年 ロイター)

[マドリード 30日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は30日、各地で試合を行い、首位レアル・マドリードはホームで下位のジローナと1─1で引き分けたが、首位をキープした。

試合は前半から両チームが決定機を作るも得点は生まれず、後半25分にビニシウス・ジュニオールが均衡を破るゴールを決めてレアルが先制。しかし、レアルはその10分後にマルコ・アセンシオのハンドでPKを与え、同点に追いつかれた。

なお、試合終了間際にはトニ・クロースが2枚目のイエローカードで退場処分となった。クロースが退場となるのはキャリア初。

レアルのDFダニ・カルバハルはモビスターに対し、「今日犯したミスは修正していく。今日は勝ち点3を得ることはできなかったが、われわれはどのチームもうらやむところにいる。この試合は勝利に値した」と振り返った。

久保建英の所属するレアル・ソシエダードはホームでベティスに0─2の完敗。久保は欠場した。

レアルは勝ち点32で首位に立っているが、2位バルセロナとの差はわずか1ポイントに縮まった。ソシエダードは同22で5位につけている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up