January 20, 2020 / 7:10 AM / a month ago

前田道路経営陣に子会社化の意義などを説明、賛同得られるよう努める=前田建設社長

[東京 20日 ロイター] - 前田建設工業(1824.T)の前田操治社長は20日、前田道路(1883.T)に対する株式公開買い付け(TOB)について会見し、現時点では前田道路からの賛同は得られていないものの、「今後、経営陣に意義とシナジーを説明し、賛同してもらえるように努める」と述べた。

前田道路とは、昨年5月ごろから、事業シナジーやガバナンスの在り方について話をしてきた。さらには、昨年11―12月ごろに株式の過半数取得が必要という提案を行ったという。

ただ、前田建設が持つ環境変化への危機感などを共有できず、「事業戦略の考え方に相違があったほか、時間的な危機感にも温度差があった」と説明した。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below