January 24, 2020 / 8:32 AM / a month ago

前田道路、前田建設のTOBに反対 子会社化は「企業価値毀損」

 1月24日、前田道路は、前田建設工業による株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決議したと発表した。写真は東京証券取引所で2015年6月撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 24日 ロイター] - 前田道路(1883.T)は24日、前田建設工業(1824.T)による株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決議したと発表した。前田建設の子会社になることは「あらゆる面で当社の企業価値を毀損し、持続的成長を妨げる」と判断し、速やかに必要な措置を講じるという。

前田道路がTOBに反対する理由については、前田建設との事業シナジーが見込めないことや、収益力や資本市場での評価は前田道路が前田建設を上回っている点などを挙げた。

また、TOBに至った経緯の不明瞭さも指摘している。昨年12月の前田建設からの情報提供では、前田道路株式を保有するアクティビスト投資家と前田建設が面談した際、アクティビスト投資家によるTOBが行われる可能性を察知したため、アクティビスト排除のためにTOBを実施したい旨が書かれていたという。しかし、20日の届け出書にはこうした背景は書かれておらず「明らかに虚偽の説明」が行われているとした。

株主に対しては、TOBに応募しないように求めるとともに、すでに応募した株主には、契約を解除するように求めた。

前田建設は20日、過半数の株式を取得し、連結子会社化することを目的とし、前田道路に対して1株3950円でのTOBを発表。21日から開始している。

前田建設は、前田道路が反対の決議をしたことに対して「誠に遺憾」とし「公開買い付けの意義などを理解してもらえるよう、前田道路と協議の機会を設けさせてもらうことを考えており、公開買い付けに関して賛同頂けるよう努めてまいります」とのコメントを発表した。

前田建設の前田操治社長は20日、ロイターとのインタビューで、前田道路がTOBに反対の決議を行っても、TOBを実施すると述べている。

*内容を追加しました。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below