February 12, 2020 / 3:50 AM / 10 days ago

MLB=ツインズ編成責任者、前田を「心の底から欲しかった」

 MLBツインズの編成最高責任者、デレク・ファルビー氏は、ドジャースからトレードで獲得した前田健太投手(写真)について「心の底から欲しかった」と獲得を切望していたことを明かした。米コロラド州デンバーで2019年7月撮影(2020年 ロイター/Isaiah J. Downing-USA TODAY Sports)

[11日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)ツインズの編成最高責任者、デレク・ファルビー氏は、ドジャースからトレードで獲得した前田健太投手について「心の底から欲しかった」と獲得を切望していたことを明かした。

ファルビー氏は、ツインズが前田の獲得に興味を持ったのは昨年12月中旬のウインターミーティングでドジャースと話し合いをした時だと説明。その後、レッドソックスも絡む三角トレード成立と報じられたが、それが暗礁に乗り上げたことでツインズはドジャースとの直接交渉に照準を変えたという。

ファルビー氏は当初の3球団による交渉が成立の前に明るみになったことについて「理想的なプロセスよりも少し早い段階で公開されたが、われわれは物事に取り組み続け、解決策を見つけた」とコメント。

そして「われわれは心の底からケンタが欲しかったし、進むべき道を見つけた。彼は現在のロースターにいいインパクトを与えることのできる選手であり、そういった選手を獲得するために、今オフに多くの決断をした。オフシーズンのスタートから現在までそれがわれわれの設定した目標だった」と前田の獲得に注力したと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below