July 29, 2015 / 11:48 PM / 3 years ago

不明マレーシア機か、インド洋で残骸発見 「酷似」と専門家

[パリ/シドニー 30日 ロイター] - インド洋に浮かぶフランス領レユニオン島で、飛行機の残骸が見つかった。フランス航空事故調査局(BEA)は30日、残骸の調査を行っていると発表。ただ、昨年3月に消息を絶ったマレーシア航空機の一部かどうかは現時点では確認できないとした。

航空専門家らは、残骸の写真から見つかったのは翼の一部との見方を示している。

消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便はボーイング777型機で、乗員乗客239人が搭乗。これまで、同機の所在を示す手掛かりは見つかっておらず、航空史上最大の謎とされていた。

BEAの報道官は、「マレーシアやオーストラリア当局などと連携して、レユニオン島で発見された残骸の情報を調べている」とコメント。その上で「機体の特定には至っておらず、現時点では370便かどうか確認はできない」と述べた。

AP通信は米当局者の話として、調査当局が残骸は370便だと「強く確信している」と報道。また、BBCは「驚くべきほど似ている」との専門家の意見を伝えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below