November 12, 2019 / 2:42 AM / a month ago

米当局、マレーシアの航空安全性評価引き下げ 米国への増便できず

 11月11日、米連邦航空局(FAA)はマレーシアの航空安全性評価を「カテゴリー1」から「カテゴリー2」に引き下げた。写真はクアラルンプール国際空港に駐機するマレーシア航空機。7月22日撮影(2019年 ロイター/Lim Huey Teng)

[クアラルンプール 11日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は11日、マレーシアの航空安全性評価を「カテゴリー1」から「カテゴリー2」に引き下げた。これにより同国の航空会社は米国への増便ができなくなる。

FAAの安全性評価はマレーシアの航空監督体制に基づいており、同国の民間航空当局への評価になる。

現在マレーシアの航空会社の米国路線は、格安航空会社(LCC)エアアジアが運航しているクアラルンプール―ホノルル便(大阪経由)のみ。

FAAは格下げについて、マレーシア民間航空局(CAAM)が「技術面の専門知識、訓練された人材、記録管理、点検プロセスなど」一つ以上の分野で不十分だと説明した。

「カテゴリー2」ではマレーシアからの航空便の米空港での点検項目が増えるほか、マレーシアの航空会社と米航空会社とのコードシェア(共同運航)が認められない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below