December 27, 2019 / 9:19 AM / 8 months ago

マレーシア、ネット銀行免許を最大5件付与へ

[クアラルンプール 27日 ロイター] - マレーシア中銀は27日、銀行免許の新たな枠組みに関する原案を発表した。ネット銀行の免許を最大5件新たに付与する計画。来年、最終決定する。

通常の金融サービスやイスラム金融のサービスがオンラインで提供できる。免許を取得した銀行は、国内のATM(現金自動預払機)網にアクセスできる。

アジアでは、新技術を利用して金融サービスを提供できるハイテク企業に銀行セクターを開放する動きが相次いでいる。[nL3N25Q0YX]

マレーシア中銀は「こうしたデジタル銀行は、適切かつ安価な金融サービスを有意義な形で顧客に提供し、責任ある利用を促進できる」と表明した。

原案によると、マレーシア企業が経営権を握るネット銀行が優遇される。

免許を申請する企業は、設立後3─5年間の資産が20億リンギ(4億8440万ドル)以下でも事業の存続が可能であることを証明する必要がある。

今回の案は、意見を募集した上で来年上半期に最終決定する。免許の申請は最終決定後に受け付ける。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below