July 4, 2018 / 11:40 PM / 15 days ago

マレーシア、「一帯一路」関連の鉄道建設を中止 再交渉にらみ

[クアラルンプール 4日 ロイター] - マレーシアのイースト・コースト・レール・リンク(ECRL)と中国の中国交通建設(CCCC)(601800.SS)は4日、中国の「一帯一路」構想に関連する東海岸鉄道の建設作業を中止した、と発表した。マレーシア側が契約条件の再交渉を求めているためで、ECRLがCCCCに中止を要請したという。

 7月4日、マレーシアのイースト・コースト・レール・リンクと中国の中国交通建設は、中国の「一帯一路」構想に関連する東海岸鉄道の建設作業を中止した、と発表した。写真はマレーシアのマハティール首相。プトラジャヤで6月撮影(2018年 ロイター/Lai Seng Sin)

マレーシアは一帯一路構想の実現に向け、南シナ海と西の主要航路を結ぶ全長688キロの鉄道敷設を計画している。だが、5月に誕生した新政権はナジブ前政権が合意した大規模計画の見直しや債務削減、不正撤廃を進める考えを示している。

CCCCは「事業の中止には驚き、2250人以上の従業員やその他の人員の生活を懸念している」との声明を発表。「マレーシアの法律を尊重し順守する。今の状況で当社に選択肢はなく事業を中止するしかない」と述べた上で、中止ができるだけ早く解除されるよう望んでいるとした。

マレーシアのリム財務相は、条件の再交渉のため近く中国を訪問する予定。3日に発表した声明では、ECRLはコストが大幅に削減されれば実行可能だとの考えを明らかにした。財務相によると、ECRLの予算規模は200億ドルの見込みで、前政権の見通しよりも50%近く跳ね上がったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below