May 30, 2019 / 7:51 AM / 3 months ago

マレーシア首相、東アジア共通通貨を提唱 金に連動

 5月30日、マレーシアのマハティール首相(写真)は、日本経済新聞社主催の国際交流会議「アジアの未来」で講演し、金価格に連動する東アジアの共通通貨構想を発表した。ランカウイで3月撮影(2019年 ロイター/FELINE LIM)

[クアラルンプール 30日 ロイター] - マレーシアのマハティール首相は30日、日本経済新聞社主催の国際交流会議「アジアの未来」で講演し、金価格に連動する東アジアの共通通貨構想を発表した。共通通貨は貿易取引の決済に利用し、国内取引には使用しないとしている。

マハティール首相は「極東で協力を望むなら、共通の取引通貨から始めるべきた。共通通貨は、国内で使用される通貨でなく、貿易取引決済のための通貨だ」と述べた。

さらに「この通貨は金に基づくべきだ。金ははるかに安定しているからだ」と述べ、現在の為替制度のもとで、アジアの通貨は外部要因の影響を受け、操作されていると指摘した。どのように操作されているかについては説明はなかった。

マハティール首相はかなり以前から通貨取引を批判し続けており、アジア通貨を大量に売ったジョージ・ソロス氏を批判したことで知られる。

アジア通貨危機の際、マハティール首相は通貨リンギを対ドルペッグ制とし、資本規制を実施した。ペッグ制は2005年に廃止された。

米政府は、28日に公表した為替報告で、通貨政策を注視する監視対象国にマレーシアを含む9カ国を指定した。[nL4N2344LV]

これに対し、マレーシア中央銀行は29日、為替介入は過度な変動を抑えるための限定的なものだと表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below