for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マレーシアCPI、4月は前年比+4.7% 4年ぶり伸び

 5月21日、マレーシア統計庁が発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比4.7%上昇した。写真はクアラルンプールで8日撮影(2021年 ロイター/Lim Huey Teng)

[クアラルンプール 21日 ロイター] - マレーシア統計庁が21日に発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比4.7%上昇した。伸び率は2017年3月以来の大きさ。

ロイターのエコノミスト予想の4.9%を小幅に下回った。3月は1.7%上昇していた。

マレーシア中央銀行は、昨年の燃料小売価格の下落で比較ベースが低下していたことから、4月と5月に総合指数が一時的に急上昇すると予想していた。

4月のCPIは主に燃料価格の上昇が要因で、運輸セクターの指数は前年比27%上昇した。

また、住宅、光熱費、食品、非アルコール飲料、家具なども上昇した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up