for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マレーシア国王、近く首相任命へ 選挙後の政治危機3日目に

 11月22日、マレーシアのアブドラ国王(写真)は、次期首相を近く任命すると述べたが、決定時期については明らかにしなかった。写真は21日、クアラルンプールで撮影(2022年 ロイター/Hasnoor Hussain)

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシアのアブドラ国王は22日、次期首相を近く任命すると述べたが、決定時期については明らかにしなかった。単独で過半数を得た政党連合がなかった選挙後の政治危機は3日目に入っている。

国王は、きょう午後2時(日本時間午後3時)までに過半数に必要な連合をまとめるよう各政党に求めていた。

しかし現在の与党連合「国民戦線(BN)」はどちらの候補も支持しないと表明、主要政党連合を率いるアンワル元副首相、およびムヒディン前首相の両候補は過半数確保が阻まれた。

国王は過半数を確保できると考える人物を首相に任命することができる。記者団に「近いうちに決断させてほしい」と発言。その上で、マレーシア国民に政権樹立に関するいかなる決定も受け入れるよう求めた。

王室はその後、首相任命に単純過半数を獲得した議員はいなかったと表明。現地時間午後4時30分(日本時間午後5時30分)の国王との謁見にアンワル氏とムヒディン氏を招いているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up