for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マレーシア、パーム油の輸出関税引き下げを検討=閣僚

[クアラルンプール 10日 ロイター] - マレーシアのズライダ・プランテーション事業・商品相は10日、パーム油の輸出関税引き下げを検討していると明らかにした。世界的に食用油が不足する中、需要に対処する。

ロイターのインタビューで、既に財務省に関税引き下げを提案し、同省は詳細を検討するための委員会を設置したと述べた。

現在の8%から4─6%へ引き下げる可能性があるという。一時的な措置となる見込みで、6月中にも決定されると述べた。

「このような危機的な状況では、より多くのパーム油を輸出するために(関税を)若干引き下げることが可能だ」と語った。

またバイオディーゼルにパーム油を30%混ぜることを義務付ける「B30」について、食品産業への供給を優先するために実施を遅らせる考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up