Reuters logo
マレーシア警察「集団墓地は残忍」、人身売買組織が虐待か
2015年5月26日 / 22:28 / 2年後

マレーシア警察「集団墓地は残忍」、人身売買組織が虐待か

[WANG KELIAN(マレーシア) 25日 ロイター] - マレーシア北部で多数の遺体が埋められていた問題で、同国警察当局は25日、墓穴が139カ所発見され、虐待が行われていたとみられる証拠も見つかったと発表した。

 5月25日、マレーシア北部で多数の遺体が埋められていた問題で、同国警察当局は、墓穴が139カ所発見され、虐待が行われていたとみられる証拠も見つかったと発表した。写真は現場で捜査に当たる警察官ら(2015年 ロイター/Damir Sagolj)

墓穴が発見されたのは、28カ所の人身売買組織の収容施設。これらの施設はタイとの国境近くにあり、難民を密入国させていた組織が使っていたとみられる。

マレーシアの警察幹部はペルリス州で記者団に対し、「とても悲しい現場だった。タイ当局と協力して捜査を進めている」とし、事件の全容解明に努めると強調した。

また、同幹部は「その残虐性に衝撃を隠し切れない」と、収容施設の様子を語った。墓穴の近くでは金属の鎖なども見つかっており、被害者が虐待を受けた可能性もあるとした。

タイ南部・マレーシア北部のジャングル地帯は、迫害を逃れるためミャンマーを脱出したイスラム系少数民族ロヒンギャ族らの密入国ルートになっている。

今月初旬には、タイ側でも同様の集団墓地が見つかった。

*脱字を補って再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below