November 13, 2018 / 6:55 AM / a month ago

マレーシア首相、1MDBの不正巡り米ゴールドマンを非難

 11月13日、マレーシアのマハティール首相(写真)は政府系ファンド「1MDB」の不正行為に関与したとされる米金融大手ゴールドマン・サックスについて、マレーシアをだましたと非難した。写真はシンガポール大学付属ヨン・シートウ音楽院でスピーチを行う同首相。(2018年 ロイター/EDGAR SU)

[クアラルンプール 13日 ロイター] - マレーシアのマハティール首相は政府系ファンド「1MDB」の不正行為に関与したとされる米金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N)について、マレーシアをだましたと非難した。13日放送されたCNBCのインタビューで述べた。

数十億ドルに上る1MDBの不正流用問題については、米国とマレーシアのほか少なくとも4カ国が調査している。ゴールドマンは1MDBの債券発行などにかかわり約6億ドルの手数料を得た。

ゴールドマンの元行員2人は米国で起訴され、うち一人はマネーロンダリングへの関与を認めている。

マハティール氏は「ゴールドマン・サックスが不正を働いた証拠がある」と主張。「われわれは明らかにゴールドマンの関係者にだまされた」とし、同社の法令順守体制は「うまく機能していない」と指摘した。

ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。同社は不正行為を否定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below