December 21, 2018 / 7:41 AM / 6 months ago

マレーシア、ゴールドマンに75億ドルの賠償求める=FT

 12月21日、マレーシアは、政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る汚職・資金洗浄疑惑に絡み、米金融大手ゴールドマン・サックスに75億ドルの賠償を求めている。写真はゴールドマンのロゴ。シドニーで2016年5月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[クアラルンプール 21日 ロイター] - マレーシアは、政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る汚職・資金洗浄疑惑に絡み、米金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N)に75億ドルの賠償を求めている。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)がリム・グアンエン財務相の話として21日報じた。

マレーシア政府は17日、ゴールドマンを証券関連法違反の疑いで刑事訴追した。1MDBは少なくとも6カ国で調査の対象となっており、3件の債券発行を通じて65億ドルの資金を調達した際に引受機関となったゴールドマンの役割も調査の対象となってきた。同行は一貫して不正を否定している。

FTによると、リム財務相はまた、ゴールドマンに支払われた手数料6億ドルと「市場のレートを上回っていた」利率をカバーするため、ゴールドマンが10億ドルを返金すべきとの考えも示した。

財務相は、賠償額は少なくとも18億ドル以上となるべきだと述べた。ゴールドマンは投資家に対し、1MDBの法的手続きに関連した損失への対応として18億ドルを引き当てていると説明している。

財務相は「ゴールドマンは18億ドルとしているが、われわれは75億ドルだと考えている」と述べた。

ゴールドマンは現時点でロイターのコメント要請に応じていない。FTには「1MDBの債券発行はマレーシアが利益を受けるために資金を調達する目的だったが、資金の多くが同国政府と関係者の利益のために盗まれた」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below