February 20, 2019 / 6:33 AM / a month ago

マレーシア、ゴールドマン元社員の身柄引き渡し延期も

[クアラルンプール 20日 ロイター] - マレーシアのムヒディン・ヤシン内相は、政府系ファンド、1MDBを巡る巨額の資金流用事件で身柄を拘束したゴールドマン・サックスの元社員について、米国への身柄引き渡しを延期する可能性を示唆した。

まずマレーシア国内で刑事訴追する必要があるとしている。

米司法省は、ゴールドマンのロジャー・ウン元社員が1MDBを巡り資金洗浄(マネーロンダリング)に関与したとして、元社員を訴追。元社員は昨年11月1日からクアラルンプールで身柄を拘束されている。

マレーシアの裁判所は先週、内務省の指示があれば元社員の身柄を米国に引き渡すべきだとの判断を示した。

ムヒディン・ヤシン内相は19日、「身柄は引き渡すが、マレーシアでの裁判をまず終える必要がある」と発言。法務長官から国内で刑事訴追するよう勧告があったとし、「法務長官の勧告に従う可能性が高い」と述べた。

元社員の弁護士と法務長官のコメントは取れていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below