February 24, 2020 / 7:48 AM / a month ago

マレーシアのマハティール首相が辞任、暫定首相に

[クアラルンプール 24日 ロイター] - マレーシアのマハティール首相は24日、アブドラ国王に辞表を提出した。モハマド・ズキ・アリ内閣官房長官によると、国王は辞任と内閣総辞職を認めたうえで、次期首相が指名されるまでマハティール氏が暫定首相を務めるよう命じた。

 2月24日、マレーシア首相府はマハティール首相(写真)が国王に辞表を提出したと発表した。写真は2019年12月のロイターとのインタビュー時に撮影(2019年 ロイター/Lim Huey Teng)

世界最高齢の指導者であるマハティール首相(94)は、2018年総選挙で共闘したアンワル元副首相(72)への首相職の禅譲を公言してきたが、政権移譲の遅れを巡り両氏の間で亀裂が生じていた。

前週末には現連立政権を構成する与党の反アンワル陣営と野党が新政権の樹立について協議を行った。

政治の混乱と新型コロナウイルス感染拡大への懸念で、24日の市場で主要株価指数クアラルンプール総合指数は8年ぶりの安値をつけ、10年物国債MY10YT=Rの利回りは上昇。通貨リンギMYR=は0.9%安と、3年ぶりの大幅な下落率を記録した。

アンワル氏と、マハティール氏に近い関係者などによると、同氏の辞任は、18年の総選挙で汚職の一掃を掲げて打倒した旧与党と手を組むとの観測を受けたものだと説明。

アンワル氏は24日午前にマハティール氏と協議後、記者団に「前政権に関わった人たちとの協力は絶対にないとマハティール氏は明確に述べた」と語った。

マハティール氏が所属する与党「マレーシア統一プリブミ党(PPBM)」の党首、ムヒディン・ヤシン氏はアンワル氏率いる人民正義党(PKR)のアズミン・アリ氏と協力関係にあり、関係筋によると、この2人とアンワル氏の対立が今後、表面化する可能性がある。アズミン氏は24日にPKRから除籍された。

新政権樹立に向けた協議には現連立与党の議員らのほか、野党「統一マレー国民組織(UMNO)」と「全マレーシア・イスラム党(PAS)」のメンバーが参加した。

マレーシアの憲法では、議会で多数派勢力を形成すれば、どの議員でも新政権樹立の権利を主張できるが、PPBMに近い関係筋によると、多数派が形成できない場合は新たな総選挙も選択肢に入る。

アンワル氏は新政権樹立に動く意向があるかどうかを明らかにしていない。

マハティール氏は27日に新型コロナウイルス流行を受けた景気刺激策を発表する予定だった。

BOSウェルス・マネジメント・マレーシアの株式担当責任者は「マレーシアに海外の投資家を再び呼び込むのは非常に難しくなった」と指摘した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below