July 13, 2020 / 7:21 AM / a month ago

マレーシア議会、議長解任を僅差で可決 事実上の首相信任

[クアラルンプール 13日 ロイター] - マレーシア議会は13日、モハマド・アリフ・モハマド・ユスフ議長の解任動議を僅差で可決した。マハティール前政権に指名された議長の解任はムヒディン首相の意向で、事実上、首相への信任投票となっていた。

ムヒディン氏が3月に首相に就任して以降、マレーシアの政局は混迷が続いている。マハティール前首相はムヒディン首相の信任投票を実施しようとしていたが、5月の議会は新型コロナウイルス流行で1日しか開かれず、投票を回避した格好となっている。

議長解任動議の表決は賛成111、反対109とわずか2票差で、脆弱なムヒディン首相支持が鮮明になり、政局の行方は依然として不透明だ。

シンガポールメディアは6月に、ムヒディン氏が年内に選挙実施を目指していると伝えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below