May 28, 2019 / 3:22 AM / 3 months ago

スマトラサイ、マレーシアで最後の雄死ぬ 絶滅の危機

 マレーシアで、絶滅危惧種であるスマトラサイの最後に残っていた雄の「タム」が死んだ。同国当局が明らかにした。写真は2014年5月14日に撮影されたタム、ソーシャルメディアより(2019年 ロイター)

[クアラルンプール 27日 ロイター] - マレーシアで、絶滅危惧種であるスマトラサイの最後に残っていた雄が死んだ。同国当局が明らかにした。

クリスティーナ・リュー観光文化環境相によると、このサイは「タム」という名前で、30歳くらい。2008年にボルネオ島のサバ州で保護されて以来、野生生物保護区に暮らしていた。

スマトラサイはサイの中で最も小さな種で、同国は2015年に野生絶滅を宣言した。14年に捕獲された雌の「イマン」が現在、国内で唯一の個体となった。

野生動物の専門家によると、インドネシアのスマトラ島とボルネオ島を中心に、世界で30―80頭しか残っていないという。

環境保護団体の国際サイ基金は、生息地の消滅や密猟により繁殖の機会がほとんどなくなっており、数十年で絶滅する可能性があると警告している。

マレーシアでは2011年から体外受精で繁殖させる試みが行われたが、成功しなかった。リュー氏によると、タムの遺伝物質は、スマトラサイの将来の繁殖のために保存されているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below