October 24, 2019 / 2:48 AM / 25 days ago

マルタ政府、新婚の英女王が住んだ邸宅を購入 観光名所として活用

 マルタ政府は、英国のエリザベス女王が新婚時代に居住していたマルタにある邸宅「ビラ・ガーダマンギア」(写真)を購入した。写真は2015年4月撮影(2019年 ロイター/Darrin Zammit Lupi)

[バレッタ 23日 ロイター] - マルタ政府は、英国のエリザベス女王が新婚時代に居住していたマルタにある邸宅「ビラ・ガーダマンギア」を購入した。今後、観光名所にする計画という。

この邸宅はエリザベス女王が英国以外で住んでいた唯一の場所。君主として即位する前、夫のエディンバラ公フィリップ殿下が1949年から1951年の間に海軍の任務でマルタに駐留していた時に居住していた。

マルタのムスカット首相は22日夜、首都バレッタから3キロ離れたこの邸宅を購入したと議会で発表。修復を行い観光名所にする計画を明らかにした。

邸宅は荒廃しており、中にあったものの大半は売却されている。個人の所有者が今年に入り650万ユーロ(約7億8600万円)で売りに出していた。ムスカット首相は購入価格を明らかにしていない。

1900年に建てられたビラ・ガーダマンギアは大きなテラスと庭園があり、港を見下ろす丘の上に位置している。エリザベス女王は、ここに住んでいた時間が人生で最も幸せだった時の一つだと述べている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below