June 19, 2014 / 6:04 AM / 5 years ago

マラドーナ氏がW杯会場で入場拒否される、母国戦はTV観戦

 6月18日、サッカー元アルゼンチン代表のマラドーナ氏が、W杯で母国の試合を観戦しようとしたが、入場が認められなかったと主張している。写真は2月、ローマで記者会見に臨むマラドーナ氏(2014年 ロイター/Giampiero Sposito)

[リオデジャネイロ 18日 ロイター] - サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(53)が、ワールドカップ(W杯)で母国の試合を観戦しようとしたところ、会場への入場が認められなかったと主張している。アルゼンチンのテレビ局が伝えた。

それによると、マラドーナ氏は15日に1次リーグF組のアルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦が行われたリオデジャネイロのマラカナン競技場に入ろうとしたところ、拒否されたという。

同氏はテレビ解説者として試合を観戦する予定だったが、会場への入場が認められず、ホテルに戻ることになったと説明。「誰かが駄目だと言った。私はテレビで試合を観なければならなかった。アルゼンチン戦をまだ数試合観戦したいから、できれば問題を解決したい」と話した。

国際サッカー連盟(FIFA)の広報担当は、マラドーナ氏の主張について正式に報告は受けていないとし、「適切なメディア用パスがあれば、問題はないはずだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below