September 6, 2019 / 12:15 AM / 3 months ago

サッカー=マラドーナ氏、母国アルゼンチンのクラブで監督に

 サッカーのアルゼンチン1部ヒムナシアは5日、元同国代表ディエゴ・マラドーナ氏が同クラブの監督に就任することを発表した。メキシコ北西部クリアカン市で2018年11月撮影(2019年 ロイター/Roberto Armenta)

[ブエノスアイレス 5日 ロイター] - サッカーのアルゼンチン1部ヒムナシアは5日、元同国代表ディエゴ・マラドーナ氏(58)が同クラブの監督に就任することを発表した。

マラドーナ氏は、1986年ワールドカップ(W杯)でアルゼンチンが世界一に輝いた際の代表メンバーで母国の英雄。現役引退後は、1990年代にアルゼンチンのクラブを率いた経験があり、2008─10年には代表を指揮したが、指揮官として母国に戻るのは約10年ぶりとなる。

最近ではメキシコ2部ドラドスで監督を務めていたが、膝と肩の手術が必要との理由でことし6月に退任していた。

ヒムナシアは声明で、「ワールドサッカーのスターであるディエゴ・マラドーナが、ヒムナシアの新監督に就任する。契約は今季終了までとなっている」と述べた。

また、マラドーナ氏はインスタグラムで「ヒムナシアの新監督になれて非常にうれしい。この機会を与えてくれた会長に感謝するし、クラブのために心と魂を込めて仕事に取り組むとファンに言いたい」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below