September 17, 2018 / 2:34 AM / a month ago

陸上=キプチョゲが世界新で連覇、ベルリン・マラソン

[ベルリン 16日 ロイター] - ベルリン・マラソンが16日に行われ、男子では五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(33、ケニア)が2時間1分39秒の世界新記録で2連覇を果たした。

 9月16日、ベルリン・マラソンの男子で、五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(33、ケニア)が2時間1分39秒の世界新記録で2連覇を果たした(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

キプチョゲはこれまでに2003年世界選手権の5000メートルで優勝。シカゴ・マラソンを1回、ベルリン・マラソンで2回、ロンドン・マラソンは3回優勝、16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得するなど、ほぼすべての主要大会を制覇してきたが世界記録に届いたことはなかった。

同選手はレース後、「なんと言葉にしていいか分からない。ずっと自分を信じてやってきた。ついに世界記録で走ることができてものすごく幸せ。これだけ良いコンディションならばもっと早く走れると思う」と述べた。

2位のアモス・キプルト(ケニア)は、キプチョゲと4分44秒差でフィニッシュ。日本勢では中村匠吾が2時間8分16秒の自己ベストで4位、佐藤悠基が6位、上門大祐は8位、村山謙太は16位だった。

女子ではグラディス・チェロノ(ケニア)が2時間18分11秒で2連覇。松田瑞生が2時間22分23秒の5位、前田穂南は7位、上原美幸は9位、小原怜は10位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below