February 8, 2018 / 4:09 AM / 8 months ago

世界7大陸制覇のマラソン大会、7日かけマイアミでゴール

[7日 ロイター] - 7日間で世界7大陸でフルマラソンを7回完走する大会「ワールド・マラソン・チャレンジ」(総距離294キロ)が5日に終了し、男性部門はアイルランドの教師、ゲーリー・ソーントンさんが優勝を飾った。

 2月7日、7日間で世界7大陸でフルマラソンを7回完走する大会「ワールド・マラソン・チャレンジ」(総距離294キロ)が5日に終了し、男性部門はアイルランドの教師、ゲーリー・ソーントンさん(写真)が優勝を飾った。写真はHUTC提供のロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

女性部門は米国人ランナーのベッカ・ピッチさんが2016年に続いて優勝。初の複数回優勝者となった。

世界中から男性38人、女性13人の51人が参加した。

マラソンは南極点から数マイルの地点をスタートし、南アフリカのケープタウン、オーストラリアのパース、ドバイ、リスボン、コロンビアのカルタヘナを経て、米国のマイアミでゴールとなった。

レース間は飛行機を使い、約2万4000マイル(約3万8600キロ)を旅する。1月30日にスタートしてから5日のゴールまで、6日と11時間34分かけて最後の走者がゴールラインを超えた。

マイアミの最終レースを終え、ソーントンさんは「考えていたよりもきつかったが素晴らしかった。それぞれのコースすべてに異なる面があった」と語った。

同大会は2015年に初めて開催され、参加費用は3万6000ユーロ(約480万円)。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below