for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マレリ向け債権取り立て不能の恐れ、みずほは3885億円

 5月31日、みずほフィナンシャルグループ、三井住友トラスト・ホールディングス、りそなホールディングスは、各子会社が保有する自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)向け債権等に、取り立て不能または遅延の恐れが生じたと発表した。写真は同社のロゴ。2020年7月、群馬県内の邑楽町にある工場で撮影(2022年 ロイター/Naomi Tajitsu)

[東京 31日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ、三井住友トラスト・ホールディングス、りそなホールディングスは31日、各子会社が保有する自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)向け債権等に、取り立て不能または遅延の恐れが生じたと発表した。

対象となる債権はみずほ銀行が3885億円、三井住友トラストが767億2500万円、りそなが443億4200万円。3行とも、必要な財務上の処理を実施済みで、今期の業績予想に変更はないとしている。

新生銀行も96億9800万円の債権に取り立て不能・遅延の恐れが生じたと発表した。引き当ては実施済みという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up