for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE2: 三菱航空、国産初の小型ジェット「MRJ」を米地域航空から100機受注

 *MRJの価格や開発費などの情報を追加してアップデートしました。

 [東京 2日 ロイター] 三菱重工業7011.T子会社の三菱航空機(名古屋市)は2日、国産初の小型ジェット旅客機として開発中の「MRJ」について、米国の大手地域航空会社を傘下に持つトランス・ステーツ・ホールディングス(TSH)(ミズーリ州)から100機の受注があったと発表した。2014年から5―6年かけて納入する。これまでMRJの受注は全日本空輸9202.Tにとどまっていたため、海外からは初めての受注となる。

 これによりMRJは、全日空の25機と合わせて、合計受注数は125機となった。2008年4月のMRJの事業化以来、これまで旅客機メーカーとしての実績がない三菱航空は苦戦を続けていたが、大手地域航空会社からの大規模受注によって今後の販売拡大につなげる考え。同日の記者会見で江川豪雄社長は「今後も確実に受注がもらえると確信を持っている」と述べた。

 MRJは70人乗りと90人乗りの2機種を開発中で100人乗りの開発も検討している。TSHは、今後の市場動向をみながら機種を決める。三菱航空は、受注額を公表していないが、MRJの1機あたりの標準価格は90人乗りの機種で4000万米ドル(約36億円)であることを明らかにしている。

 三菱航空によると、MRJの開発費は1800億円。航空機関係者の間では、50―100人乗りの小型ジェット機は、機種更新によって今後20年間で5000機の需要があるとされている。三菱航空は「固く見積もっても3000機の需要になるが、(MRJの受注で)このうち3分の1は獲得したい」(江川社長)との目標を掲げている。

 MRJは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトをきかっけに事業化が始まった。三菱航空はMRJの設計・販売のため08年4月に設立。三菱重工のほか、トヨタ自動車7203.T、三菱商事8058.T、住友商事8053.T、三井物産8031.Tも出資している。

 TSHは、地域航空会社のトランスステーツ航空とゴージェット航空の2社を傘下に持ち、毎日350便を50都市間で運航し、利用者数は年間500万人超。大手航空会社のユナイテッド航空とUSエアウェイズのローカル路線も受託運航している。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

  (ロイター日本語ニュース 村井 令二)

 ※(reiji.murai@thomsonreuters.com; 03-6441-1823; ロイターメッセージング:reiji.murai.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up