December 21, 2018 / 3:46 PM / 3 months ago

債券ファンドに資金流入=バンカメメリル調査

[21日 ロイター] - 米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)メリルリンチの週間調査では、米連邦準備理事会(FRB)が来年の利上げ計画に固執することで金融政策を誤る恐れがあるとの懸念を背景に、投資家が株式市場を見限り、債券市場に押し寄せていることが明らかとなった。

国債ファンドへの流入額は50億ドル。2016年1月以来の大きさとなった。株式よりも安全とされる資産に資金が流入した。

一方、景気後退の影響を最も受けやすいとして、銀行株から過去最高の33億ドルの資金が流出。銀行ローンの返済額も29億ドルと過去最高になった。

新興国株は45億ドルの資金が流入。2月以来の大きさだった。過去10週間の合計流入額は210億ドル。

世界の株式市場の時価総額は1月以降で16兆7000億ドル減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below