May 10, 2019 / 8:36 AM / 10 days ago

株式ファンドから200億ドル超流出、米中貿易摩擦への懸念で=BAML

[ロンドン 10日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が10日に公表した週間調査(8日までの週)によると、米中貿易摩擦への懸念から、世界的に資金が債券にシフトし、株式ファンドからは205億ドルが流出した。

今回の調査期間には、トランプ米大統領が中国製品に対する関税引き上げを警告し、米中通商協議の行方に不透明感が広がった。

株式ファンドからの流出額は今年3番目の規模。米国株ファンドも1月30日以来最大となる140億ドルの流出となった。

引き続き債券が資金と逃避先となり、債券ファンドは73億ドルが流入した。資金流入は8週連続。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below