December 18, 2019 / 3:32 AM / 8 months ago

機関投資家、来年の世界成長見通しが大きく改善=BAML調査

 12月17日、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が公表した12月の機関投資家調査によると、世界経済の成長見通しが大幅に改善し、リセッション(景気後退)への懸念が後退した。写真はロンドンの金融会社で2016年6月撮影(2019年 ロイター/Russell Boyce)

[ロンドン 17日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が公表した12月の機関投資家調査によると、世界経済の成長見通しが大幅に改善し、リセッション(景気後退)への懸念が後退した。

調査はファンドマネジャー約200人を対象に実施。

来年の世界経済について、成長率がトレンドを上回り、インフレ率がトレンドを下回る「ゴルディロックス」(適温)のシナリオを予想した回答者は20%と、7カ月ぶりの高水準に達した。

世界株への配分は前月比10%ポイント上昇し、差し引き31%のオーバーウエートと1年ぶり高水準を記録した。

一方、キャッシュ保有比率は4.2%で、2013年3月以来の低水準となっている。

最も取引が活発だったのは米情報技術(IT)・成長株ロング。次いで米国債ロング、投資適格級社債ロングとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below