January 16, 2017 / 3:53 AM / a year ago

コラム:トランプ氏の国境税、中国からの「資金逃避」を加速

[12日 ロイター] - ドナルド・トランプ次期米大統領と共和党が導入を検討している「国境税」は、中国からの資本逃避を招き、大きな波紋を与える可能性がある。

 1月12日、ドナルド・トランプ次期米大統領と共和党が導入を検討している「国境税」は、中国からの資本逃避を招き、大きな波紋を与える可能性がある。写真は2013年4月、上海で撮影された人民元硬貨(2017年 ロイター/Carlos Barria)

下院共和党が支持している国境税調整プランでは、輸入に対して20%を課税、逆に輸出に対しては補助金を給付するという内容になっている。

共和党とトランプ氏は、国内生産を優遇する手段の1つとして、すべての輸入品に対する国境税の適用を求めているものの、一方でトランプ氏は、生産拠点を海外に移す企業の輸入に対して直接重税を課すという脅しの意味でもこの言葉を使用している。例によって、トランプ氏の意図や目論見はきわめて不透明だ。

トランプ氏は過去にも、中国からの輸入品に45%の関税を課すという考えを示したことがあった。国境税について議論されているよりもさらに高い税率である。

これは、中国だけでなく、金融市場にも問題を引き起こすだろう。米国が輸入する中国製をはじめとする外国製品の競争力を低下させるというだけの理由ではない。

国境税は、すなわち「ドル高」を意味する。ローレンス・サマーズ元米財務長官は今月、ドルの「急上昇」に対して警鐘を鳴らした。

もし他のすべての条件が変わらなければ(そういう状況はめったにないが)、20%の国境税を導入すれば、ドル相場も同じような割合で上昇するだろう。他の国もこぞって、独自の国境税その他の手段を講じるだろうから、実際にはそうなる可能性は低いだろうが、それでも、ドル高が大幅に進むのは確かだ。

すると、中国は複雑な問題に直面することになる。ドル建ての借入コストは世界中で上昇するが、さらに深刻なのは、これに応じて人民元への押し下げ圧力が高まることだ。

「中国が、ただでさえ今後の貿易の混乱に伴う資本逃避を抑えるのに苦労している現在、(国境税が)中国経済にとってさらなる不安定要因になるという懸念は当然だ」と、ジェローム・レビー・フォーキャスティング・センターのデービッド・レビー会長はインタビューに答えている。「現段階で、何であれ貿易の流れを妨げるような動きが生じるのは、中国にとっても世界経済の安定にとっても、タイミングが悪い」

懸念されるのは、人民元の保有者がドル急騰を見込んで、中国のルールに従いつつ、あるいはそれを回避しながら、他の通貨や資産へと資金を移動することで、人民元への影響を「先取り」するのではないかという点だ。

中国政府が定める変動幅の範囲内で取引されている人民元の相場は、主として国内経済の要因により、2016年には対ドルで6.6%下落した。

<資本の移動は常態だが>

確かに、中国市場はドル高に対して必ずしも脆弱性が高いとは言えない。脆弱なのはむしろ、経常収支が赤字で、資金調達のためにドルを集めなくてはならないような新興市場だ。

とはいえ、顕著な資本流出が2年にわたって続いたことで、かつて(あるいは今でも)巨額であった中国の外貨準備高は減少した。2016年の中国の外貨準備高は、前年比3200億ドル減の3兆110億ドルとなった。2015年の前年比5130億ドル減と比べれば小幅の減少とはいえ、中国はその間、資本逃避を防ぐためにさまざまな手段を講じてもいた。

資本規制を回避するため、中国の人民元保有者はオンライン通貨「ビットコイン」に走ったため、ビットコインの価格は9月から1月4日までのあいだに倍増している。今週、中国当局がビットコイン取引所の「抜き打ち検査」を実施したことにより、ビットコインは12%下落した。いずれにせよ、あらゆる経路をたどって資本が逃げ出そうとしているのは確かだ。

中国は依然として巨額の外貨準備高を維持しているが、IMFの適正水準によれば、中国が保有すべき外貨準備高は約2.7兆ドルである。昨年の減少率を見る限り、その水準に達する日は近そうである。国境税によって資本逃避が加速すれば、問題の緊急性はすぐに高まるだろう。

資産管理会社大手のPIMCOは12日、中国は2017年に、もっと通貨の流動性を高める可能性があると語った。また、中国人民銀行の元顧問として大きな影響力のあるYu Yongding氏も同日、「人民銀行は、2017年の人民元の下落水準に25%という『下限』を設けるべきだ」と発言した。

人民元が変動相場制に移行すれば、「中国は通貨を不正に操作している」と糾弾してきたトランプ氏にとっては、自らまいた種ということになる。ただ、その一方で、きわめて大規模な資本流出を招く恐れもある。外貨準備高は維持できても、資本逃避が問題となり、その他の政策にも影響が出てくるかもしれない。

中国は中央統制が非常に強い準閉鎖経済であり、金融危機の最中も、その後でも、自国の経済刺激策によってさまざまな混乱を切り抜けてくることができたという意味で特殊である。しかし、資本が逃避し、変動相場制の有無にかかわらず人民元の大幅安が生じる状況では、中国の打つ手も限られてくるかもしれない。

忘れてはならないのは、中国に関してこうした状況が発生するかもしれない一方で、他の新興市場の多くが同じ原因に由来する危機を経験していることだ。

米国の輸出にどのような影響を与えるかはさておき、「国境税」はグローバル市場にたやすく大混乱を巻き起こす可能性があるのだ。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァクレーレン)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below