for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 12月米住宅着工件数は4.1%減、賃貸物件の落ち込み響く 許可件数も減少

 [ワシントン 19日 ロイター] 米商務省が19日発表した12月の住宅着工件数
は、賃貸物件の着工件数の落ち込みが響き、前月比4.1%減の年率65万7000戸と
なった。エコノミスト予想の68万戸を下回り、今年は住宅市場にけん引されて景気が回
復するとの期待に水を差す結果となった。
 集合住宅の着工件数は20.4%減少し18万7000戸となった。
 1戸立ては4.4%増の47万戸で、2010年4月以来の水準となった。
 
 許可件数は前月比0.1%減の年率67万9000戸と、予想の68万戸に届かなかっ
た。
 FTNフィナンシャルのエコノミスト、リンジー・ピエグサ氏は「住宅市場は引き続き
底辺付近で推移しており、向こう数年間は回復しないことを示している。回復が住宅市場
に依存しているなら、非常に長期間、この芳しくない状態が続くとみられる」と話した。
 
 詳細は以下のとおり。

(季節調整後、年率、前月比、%)

            12月   11月   10月    前年12月比
住宅着工         -4.1     9.1    -2.8      24.9 
住宅着工許可      -0.1     5.6     9.3       7.8  

(単位:1000戸)
           12月   11月   10月    前年12月
住宅着工件数    657     685     628       526 
住宅着工許可件数  679     680     644       630 

着工
 1戸建て住宅    470     450     437       421 
 集合住宅       187     235     191       105 

許可
 1戸建て住宅    444     436     428       445 
 集合住宅       235     244     216       185 

エコノミスト予想(ロイター調査)
 住宅着工     680,000 unit rate  
 住宅着工許可  680,000 unit rate
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up