for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英銀行改革は強化必要、政府に事業分割権限も=議会報告書

 [ロンドン 21日 ロイター] 英議会の銀行規範委員会は21日、政府の銀行制度改革案に関する報告書を公表した。現行案では不十分と指摘し、規制を順守しない銀行について事業分割の権限を政府に与える必要があるとの見解を示した。

 英国の銀行改革案には、リテール部門と投資銀行部門の分離(リングフェンス)が盛り込まれ、大半の国以上に踏み込んだ内容となっている。

 しかし、銀行規範委員会のアンドリュー・ティリー委員長は「(政府の)提案は、現状では必要な基準をはるかに下回っている」と指摘。銀行はいずれリングフェンス規定に反する措置をとるようになるとの見方を示した。

 その上で「このため、事業分割の予備的権限を法律で定める必要がある。規制当局は、そうした権限を行使できると知っておくことが必要だ」と述べた。

 報告書ではまた、政府は銀行のレバレッジ規制を強化することが可能としたほか、委員会として自己勘定取引の禁止を提案するかどうか検討する考えを示した。

 財務省によると、委員会の提案はオズボーン財務相が検討した上で、来年初めに議会に改革案が提出される際に見解を明らかにする。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up