for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ、英国がEUの積極的な一員であること望む 妥協点探る必要=メルケル首相

 [ベルリン 23日 ロイター] ドイツのメルケル首相は23日、欧州連合(EU)と英国は妥協点を探る用意をしておく必要があるとの考えを示した。

 英国のキャメロン首相はこの日に行った演説で、EUにおける英国の役割を改革し、EU残留の是非を問う国民投票を2017年末までに実施する方針を表明。

 これについてメルケル首相は記者団に対し、「ドイツとしても、個人的にも、英国がEUの積極的な一員であることを望んでいる」と述べた。

 その上で、「英国が示した意向について話し合う用意がある。ただ、それぞれの国はそれぞれの意向を持っていることを常に念頭に置き、公平な妥協点を探る必要がある」との考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up