for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ヤクルト」を22年ぶりに値上げ、商品改定に伴い11月から実施へ

[東京 10日 ロイター] - ヤクルト本社 は10日、乳酸菌飲料「ヤクルト」について、1本当たりに含まれる「乳酸菌シロタ株」の量を増やす商品改定の実施とともに、希望小売価格(税別)を5円引き上げて40円にすると発表した。ヤクルトの価格改定は22年ぶりとなる。

値上げを実施するのは、通常の「ヤクルト」とカロリーを50%カットした「ヤクルトカロリーハーフ」。5本パックでは、現行の175円を200円に引き上げる。ともに、一本当たりの「乳酸菌シロタ株」の菌数を150億個から200億個に増やすなどし、商品価値の向上を図る。

同社の広報担当者は「容器など原材料価格は高くなっているが、それへの対応ではなく、菌が増えたという商品力アップに見合った形での小売価格改定」と説明している。新しい商品は、11月4日に発売を開始する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up