for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-安倍首相、「強い経済」が最優先課題 経営者に賃上げ要請

(内容を追加しました)

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日夕、都内で講演し、強い経済を取り戻すことが政権の最優先課題と強調した。大企業の好業績の果実が中小企業や従業員などに行き渡らなければアベノミクスは失敗だとし、企業経営者に賃上げと投資の決断を促した。

安倍首相は「強い経済を取り戻すことが、政権の最優先課題であることは間違いない」と引き続き経済再生に全力で取り組む決意を表明した。来年4月には消費増税が控えているが、「景気を着実に回復させていく。目指すは経済の好循環だ」と述べ、そのために5.5兆円規模の2013年度補正予算を編成したと語った。

そのうえで、経済再生に向けた賃上げの重要性を強調。大企業を中心に業績改善が鮮明になる中、企業経営者に対して「今こそ人材、設備に投資すべき」とし、「皆さんの(賃上げ)決断によって、来年の日本は経済の好循環を手に入れることができる」と訴えた。大企業の好業績の果実が中小企業や小規模事業者、その従業員にまで行き渡らなければ、「アベノミクスは失敗」とも語った。   また、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉ついて「最後はトップの決断だ。先頭に立ち、早期の妥結に取り組む」と表明。米国とは「農業と自動車でタフな交渉を続けている」と認めながら、「攻めるべきは攻め、守るべきは守るという原則の下、安易な妥協は決してしない」と語った。 (伊藤純夫)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up